3回目のスパルタキャンプ

Pocket

初めてのスパルタキャンプは3月のルスパルタキャンプRuby on Rails編だった。当時はまだ大学4年生で、同期のみんなが就職先を決め、卒業旅行など行っている間ひたすらぶらぶらと過ごしていた。

インドへ行こうと思ったり、やりたいことはたくさんあったんだがなかなかうまくいかず悶々としているときにスパルタキャンプに当選することができた。

 

スパルタキャンプでは転職することができると書いてあったので、必死になってキャンプ参加前はRubyの勉強をしていた。おそらく1日十時間以上は毎日やっていたと思う。その時には非常にプロゲートにお世話になっていた。にんじゃわんこ様々である。

 

初めて岩手県に降り立ちキャンプ会場へ向かっていた時は絶対こんなとこに住まないだろうと思っていた。しかし今ではそんな八幡平市に移住市地域おこし協力隊として活動し、三度目のスパルタキャンプを迎えている。

 

人生何があるかわからないもんだなあとつくづく思う。

 

しかし今のこの選択は絶対に間違いではないと感じている。なぜなら毎日がこの上なく楽しいから。楽しいと思ったことはすぐ飛びつきたいから、来年もここにいる彼は正直まだわかない。

 

しかし今自分が思い描いてるやりたいコトは一年でやりきれると到底思ってもいない。1日1日を大切にしてこれ以上なくして成長できる一年間八幡平の生活にしていきたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です