英語の勉強するなら2万払ってili買ったほうがいいじゃんという話

Pocket

英語チャレンジ2日目ですが、チャレンジは終了しようと思う。

なぜならば、 ilという自動翻訳機iがやばいからである!!(今更)

グッバイ、私の英語勉強の熱意。英語グッバイ。

 

 

iliという現代版の翻訳こんにゃくを知っていますかね?

 

とにかく黙ってこの動画を見ていただきたい!

 

元SMAPの草彅剛メンバーがiliという自動翻訳機を使って外国人と喋るというものである。

いや、もうこのiliがめちゃめちゃ凄い。ボタンピット押すだけでほぼリアルタイムで言葉を翻訳してくれているわけです。英語の勉強を始めた僕としてはなんだこれはと言う感じ。

 

ili(イリー)は、旅行に特化した音声翻訳機です。
オフラインで使えて、最速0.2秒で、あなたが話した言葉を
「英語・中国語・韓国語」の3言語に翻訳。
海外旅行をさらに楽しく、より安心にサポートします。

旅の必需品。 私の通訳、イリー。

 

公式ホームページを見たところ英語、中国語、韓国語を0.2秒で翻訳してくれるとのこと。お値段はたったの19800円!貧乏人の僕からしたら高いけれど普通に安い!

これから東京オリンピックで海外観光客の増加や対応に追われてますます自動翻訳は栄えていきそう。

 

 

素朴な疑問、英語学習の価値はあるのか・・・?

 

素朴なギモンとして、自動翻訳がこれから発達していく中で英語の学習の意味ってあるのでしょうか?

うーーーん、ない。

英語ってあくまでツールですからね。仮にコミュ障の人が英語めちゃくちゃできても、そもそもネイティブの人に話し掛けれなかったら意味ないですからね。

あくまで情報伝達のツールですから、英語を用いて何をするかが大事かなと。

でも、グローバル化が加速していっているこの時代で海外の情報とかをキャッチアップできない人間はどんどん埋もれていくような気もしますがどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です