ミレニアル世代ドンピシャだけどやりたいことしかない話

Pocket

昨日、いい情報を書きたいと言ったばかりですが

今日は睡魔がヤバイので短めです。。。

テレビでやっていたミレニアル世代の特集についての感想です。

15秒ぐらいで読むことをお勧めします。

 

 

1,やりたいことがないってどういうことだろう

 

僕は現在23歳ですが、僕の世代はゆとり世代だとかミレニアル世代だとか色々な表現をされます。

この間テレビを観てた時にミレニアル世代は、やりたい事が見つからないとか

就職活動時において、収入よりやりがいだとか環境を重んじるそうです。

いやでも確かに、僕の周りの普通に就職した友人達も、

面接とかでやりたいことを聞かれるけどそんな事わからないー!という人は多かったなあと思い起こしていました。

でも、やりたいことがないってどういうことなんでしょうか?

 

うんやばい、やりたいことしかない

 

僕はパイロットになって空を飛んでみたいし

宇宙旅行とかしてみたいし

物欲はまったくないけれども、とんねるずのように漢気じゃんけんして遊びたい

 

またカッコ良さそうだからなんとなく社長にもなってみたい

ホリエモンや、落合先生のいう次世代の世界をいの一番に感じてみたいし

テクノロジーを使って日本をもっと素敵な国にしたいし

世界中を歩き回って、色んな国の人と話したり、色んなアートを生で見てみたいし

承認欲求が強いので、漠然と教科書に載るような有名にもなりたいとも思っている

 

親の実家が福島なので、福島の人の暮らしが良くなるような活動もしたい

バスケが大好きなので、子供達のコーチもしたいし

子供が大好きなので、今やっているNPOの活動も拡大したいなーと思ってもいるし

佐々木希と付き合ってみたいし・・・

親にもいろんなところに連れてってあげたり、

美味しいものを一緒に食べに行きたいなーとも思うし・・・

そう、考えれば考えるほどやりたいことしないのです。

 

 

2,じゃあどうやって、やりたいことを達成していくのか

 

やりたいこといっぱいあって絶対この目標を達成しようと思っているのですが、

一方で目標の達成に焦ってもいなくて、

今はまず目の前の面白そうなことに手を出しまくりたいと思っています(矛盾)

 

目標を最短ルートで達成していくのもきっと楽しいことなんだと思うのですが、

スパルタキャンプのように、なんか面白そうなことに突っ込んでみると

また違った世界が見れて、またやりたいこととか楽しみが増えることを覚えてしまったんですよね。

 

だから、目標もきちんと定めつつ

その道中を大いに楽しんでいきたいなーと思います。

道中楽しみすぎて、そっちが本題になっちゃいそうな予感ももの凄くしているのですが

それはそれで、新しいやりたいことが増えただけなのでそれを達成するだけの話っすね。

 

だから僕はまだ死ねないー

おもしろい事やり尽くしてから死にたいっす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です